手作り入浴剤の材料の種類
 HOME > 手作り入浴剤 > 入浴剤の材料


楽しいバスタイムに手作り入浴剤として使う事が出来る材料やオプションをまとめてみました。
説明
入浴剤の材料としてつく事が出来るものは、たくさんありますが、ここでは代表的なものだけ紹介します。各材料の性質を知り、用途にあった材料選びが出来ると楽しみも増えます。

ポリソルベート20
アルコールを使わずに、水の中へオイルを乳化させる液体乳化剤。原料は、植物由来の非イオン性界面活性剤。精油が直接肌につくのを防ぐためアロマバスにむく。

使用量‥‥‥‥‥‥全体の量に対し2〜10%まで
 ・オイル:ポリソルベート20=1〜2:1
原料‥‥‥‥‥‥‥植物に由来する

ポリソルベート20について

ポリソルベート80
アルコールを使わずに、オイルの中へ水を乳化させる液体乳化剤。原料は、植物由来の非イオン性界面活性剤。精油が直接肌につくのを防ぐためアロマバスオイルにむく。
しっとりさせるためオイルを残す場合にはポリソルベート20よりもむいている

使用量‥‥‥‥‥‥オイルの量に対し〜50%まで
原料‥‥‥‥‥‥‥植物に由来する

ソルト(塩)
入浴剤やマッサージソルトとして使われてきた。体の疲れをほぐし、体をあたため血行を良くする。

 ・エプソムソルト、デッドシーソルト

クレイパウダー
クレイは各種ミネラルを豊富に含み、老廃物や角質を吸収吸着して取り除く他、おだやかな殺菌作用があるとして、古くから世界各地で使われてきた自然療法の代表的な素材です。各色は、自然な天然色としてなじみやすい色あいです。

クレイの使用上の注意
クレイは金属を錆びさせ腐食させるため次項使用不可
 ・自動循環式の浴槽
 ・ペースメーカーや避妊リング等を使用している方

ハーブ・ハーブパウダー
ハーブの香りや有効成分を利用できる。花びらなどは、見た目もとてもきれいです。

ハーブおよびハーブパウダーは水に溶けない為、使用時は織りの細かい布袋やお茶パック等に入れて使うとカスが取り除きやすいのでお勧めです。

ミルクパウダー
肌の汚れをおだやかに取りなめらかにするほか、保湿も期待できます。
他の粉よりわずかに柔らかくなる。
 ・ヨーグルトパウダー、ゴートミルクパウダー、バターミルクパウダー

はちみつ
ミネラルやビタミンが豊富で殺菌効果のあるはちみつは保湿があると言われています。フィズの粉を固めるのに便利、塊が出来ないようゴムベラでよくつぶし混ぜる。
 ・ハニーパウダーなど

クエン酸
酸性を示すため、重曹と混ぜる事で「しゅわしゅわのバスフィズ」を作る事が出来る材料。酸化防止剤、収れん剤などとして、化粧水のPH調整にも使用されます。

重曹
弱アルカリ性を示すため、クエン酸と混ぜる事で「しゅわしゅわのバスフィズ」を作る事が出来る材料。消臭効果もあると言われている。

コーンスターチ
少量の水分で固まりやすいため入浴剤のベースパウダーとして使いやすい。比較的手に入りやすく、安価なところもよい。

エッセンシャルオイル(精油)
各オイルの有効成分のほかアロマテラピーの効果も期待できます。

フレグランスオイル
エッセンシャルオイルよりも肌に刺激が少ない。香りの目的で使用される。

植物オイル
各植物オイルの有効成分のほか乾燥を防ぐ事が出来ます。また、精油が直接肌に触れないようにする目的でも使われます。

植物性グリセリン
植物油脂から抽出される100%植物由来の水溶性保湿剤。グリセリンはフィズを作る時、粉を固める素材としても使われますが、多く入れすぎると水分を引き寄せてしまうので、少量を用いる事。

Copyright(C)2003-2007 Orangeflower, All rights reserved.
オレンジフラワーのすべての画像・データの模倣・無断転写・画像の加工は固く禁止いたします。
これらを発見した場合は、法的手段を使わせて頂きます。