手作りサンスクリーンクリームのレシピ
 HOME > 手作り基礎化粧品1 > 肌色の日焼け止めクリーム


休日メークするのは面倒だけど生活紫外線も気になるし〜肌色の日焼け止めがなんかいかがでしょう?!下地としても

材 料
《材料1》

ホホバオイル
エミューオイル
アロエバター
乳化ワックス



(小さじ1)5g
(小さじ1)5g
(小さじ1)5g
(小さじ1)3g


精製水
超微粒子二酸化チタン(油)
微粒子酸化亜鉛(アミノ)
GSE
お好みの精油
F-オークルマイカ

25ml
2g
2g
1〜2g
2滴
2 g



・F-マイカ2g=ミニ計量スプーン1(0.6g)を約3杯
・超微粒子二酸化チタン(油)=ミニ計量スプーン1(0.25g)を約8杯
・微粒子酸化亜鉛(アミノ)=ミニ計量スプーン1(1g)を約2杯
おすすめマイカ:F-ミィディアム・F-ライト・F-ダーク・ライトベージュ・シャインベージュ
乳化ワックス:エマルシファイイングワックスを使用
GSE=グレープフルーツシードエクストラクト〈1滴0.033g‥‥‥1g 約30滴〉

作り方
超微粒子二酸化チタン:2%(SPF2〜5) 4%(SPF6〜11) 6%(SPF12〜19) 10%(SPF->20)
超微粒子二酸化チタン(油)
粒子径が50nmと非常に細かく、コーティングされ透明性と安定性に富み紫外線B波を吸収しA波の一部のスペクトルを反射します。
微粒子酸化亜鉛(アミノ)
アミノ酸コーティングは、石けん水で落ちやすい。チタンよりは劣りますが紫外線B波を吸収し、二酸化チタンではカバーできないA波を反射します。
このレシピでは超微粒子二酸化チタンは、4.3%です‥‥‥SPF9〜15
耐熱容器に《材料1》と精製水を計り入れる。大きめの鍋で同時に湯煎にかけ、それぞれを60℃くらいまで温める。乳化ワックスを溶かし《材料1》をよく混ぜておく。  
湯煎からおろし《材料1》に精製水15mlを入れ、1〜2分よく混ぜる。電動クリーマーがあると便利です。
油浮きせずに白っぽく乳化していることを確認し、微粒子二酸化チタン、微粒子酸化亜鉛、マイカパウダー、GSEを加えてさらによく混ぜる。出来上がりの色がお好みにあうようマイカの量を調節してください。チタンと亜鉛は粉が軽く舞いやすいので中に押し込むように上手に混ぜて下さい。
さらに5〜10分混ぜ、途中で残りの精製水を入れます。冷めてくると少しづつクリーム状に固まってきます。夏の暑い時は、ぬれた布巾の上で混ぜると冷めるのが早まります。
ここで水の量をお好みのクリームの固さで加減して下さい。時間の経過とともに少し固くなっていきます。
冷めたら精油を加えてよく混ぜる。電動クリーマーを使ったときは、トントンとよく空気抜きをして下さい。
保存用容器に入れて保存
保存の目安:(GSE入れた時)‥‥‥‥冷蔵庫で2〜3ヶ月
保存の目安:(GSE入れない時)‥‥‥冷蔵庫で2週間

材料を温めるときに電子レンジを使う場合は、20秒ごとに様子をみて目を離さない。
厚紙を差し込む場所
ミニ軽量スプーン 長さ11.5cm
スプーン

マイカパウダー
酸化鉄・ウルトラマリン
1
1m
0.5〜0.6g
1g
1/2
0.5ml
0.3〜0.4g
0.5g
1/4
0.25m
0.2g
0.3〜0.4g
1/10
0.1ml
0.1g
0.2g


Copyright(C)2003-2007 Orangeflower, All rights reserved.
オレンジフラワーのすべての画像・データの模倣・無断転写・画像の加工は固く禁止いたします。
これらを発見した場合は、法的手段を使わせて頂きます。