手作りさよならイボクリームのレシピ
 HOME > 手作り基礎化粧品1 > さよならイボクリームの作り方


目元や首・腕などに現われるイボに似たようなポツポツした角質粒、老人班、イボにはと麦と再生力アップのEGF入りクリーム!

材 料
《出来上がり50ml》

はと麦オイル
ヒマワリ乳化ワックス
精製水



5g
1g
40g


EGF(ヒトオリゴペプチド)
コンフリーエキス
ボタンピエキス

1,2−ヘキサンジオール
1,3ブチレングリコール

8滴
2ml
2ml

20滴
10滴



手作りクリーム
保湿保存剤=1,2−ヘキサンジオール + 1,3ブチレングリコール
作り方
EGF(ヒトオリゴペプチド
ノーベル賞を受賞した原料です。新しい皮膚細胞の生産を増加させる成分でアミノ酸から形成されるタンパク質の一種です。スーパーエイジングケア原料としてお勧めです。
コンフリーエキス
古い角質を除去する作用がある。新しい表皮組織の生成を助長作用がある。傷、火傷、湿疹などでケロイドを形成しません。保湿・収斂・エラスチン保護により乾燥から肌を守りアンチエイジングケアとしても利用。


ボタンピエキス
消炎作用、抗アレルギー作用で、肌荒れやトラブル肌の改善によい。血行促進作用で代謝を促してくれるので、アンチエイジング作用も期待できる。美白にも使われる。また、他の東洋ハーブ成分の薬効を増加させる効果もあるようです。
はと麦オイル
目元や首・腕などに現われるイボに似たようなポツポツした角質粒、老人班、イボにヨクイニンエキスという成分が効果的といわれ使われてきた。

 
精製水にヒマワリワックスをいれてよくかき混ぜる。1分ほど混ぜると、抵抗を感じるようになりクリーム状になってくる。この時点ではまだ混ぜきれないダマが残る。
オイルを入れてよく混ぜる。この際にダマがなくなるまでよく混ぜる。シリコーンゴムスプーンは、周りについたクリームをきれいにとり、つぶしながら混ぜることができるのでとても便利です。まだ、ダマが残っていても<4>でなくなると思います。
有効成分( EGF(ヒトオリゴペプチド)、)とボタンピエキス、コンフリーエキス、1,2−ヘキサンジオール、 1,3ブチレングリコールを加え、固さを確認しながら精製水を調節する。
保存用容器に入れて保存
保存の目安:(保存材を入れた時)‥‥‥‥常温で1ヶ月
保存の目安:(保存材を入れない時)‥‥‥冷蔵庫で2週間

Copyright(C)2003-2010 Orangeflower, All rights reserved.
オレンジフラワーのすべての画像・データの模倣・無断転写・画像の加工は固く禁止いたします。
これらを発見した場合は、法的手段を使わせて頂きます。