手作りファンデーションの色材
 HOME > 手作りコスメ > ファンデーションの色材の種類と特徴


手作りファンデーションの色として使いやすい基材はどれになるのでしょう。特徴は?!

説 明
手作りファンデーションの色材・基材はたくさんあります。どれがどう違うのでしょう。色作りはとても難しい!?初心者でも成功するために、ここでは個人的な使用感ですが、ファンデーション作りの参考になるといいと思いまとめてみました。

ここで説明に使用している各素材・色材は、当店で取り扱っている商品を使っての説明です。同じ製品名でもすべてに通用することではございません。

酸化鉄
酸化鉄は、鉱物系のミネラル色材、無機顔料として手作り化粧品・手作り石鹸のマットな色付けに使われている物です。少量でもしっかり色がつくため、少しづつ入れてお使い下さい。

素材‥‥‥‥‥‥‥無機顔料
光沢感‥‥‥‥‥‥輝きがない
グレイド‥‥‥‥‥化粧品グレイド

肌色の基本はライトブラウン(茶)・赤・黄で出来ます。
オークル系肌色:黄 + ライトブラウン
ピンク系肌色 :赤 + ライトブラウン

F-マイカ
ミネラルファンデーション素材
初心者には扱いやすく、発色も綺麗でふんわり柔らかいながら、しっかりフィットする。そのまま、または色の微調整、輝き素材、有効成分などを入れてカスタマイズして下さい。

【成分】 雲母(マイカ)、酸化鉄、二酸化チタン、酸化亜鉛、クレイ、植物性ステアリン酸マグネシウム、米粉など
この二酸化チタン・酸化亜鉛は超微粒子タイプではございません。

素材‥‥‥‥‥‥‥無機顔料
光沢感‥‥‥‥‥‥輝きがない
グレイド‥‥‥‥‥化粧品グレイド


カラーマイカ
マイカ(雲母)パウダーは、粉体表面に天然素材で着色コーティングしたカラー素材です。 マイカパウダーは、異なるカラーを混ぜあわせてお好みの色をお作りいただくこともできます。また、マットなファンデーションにキラキラ感をだし、綺麗に演出します。白・肌色系マイカが数色あります。

ダイヤモンド・パール
ホワイト・スパークル
シャイン・ベージュ
ライト・ベージュ

光沢感‥‥‥‥‥‥輝きがある
グレイド‥‥‥‥‥化粧品グレイド

パールマイカパウダー
お肌をキラキラした光沢感を演出するために使える素材。どんな色に輝くかも選択できるパールマイカの種類もある。
・ma-40 パールマイカ(レッド)
・ma-41 パールマイカ(ブルー)
・ma-42 パールマイカ(グリーン)
・ma-43 パールマイカ(オレンジ)
・ma-18 ホワイト・スパークル

素材‥‥‥無機顔料
色‥‥‥‥白/輝きがある
特徴‥‥‥輝いたときの色も選べる

クレイパウダー
脱臭効果(デオドラント)があり、余分な油脂を吸着し優しくマットに混ざります。粒子の細かいピンクカオリンやローズクレイ、レッドクレイがお勧めです。

光沢感‥‥‥‥‥‥輝きがない
グレイド‥‥‥‥‥化粧品グレイド

微粒子酸化チタン(ベージュ)
黄色の酸化鉄を含む微粒子酸化チタンをさらにコーティングし、手作りファンデーションの素材として優しく使いやすい粉状にしたものです。撥水性のものです。白浮きが気にならない肌色の二酸化チタンです。

光沢感‥‥‥‥‥‥輝きがない
グレイド‥‥‥‥‥化粧品グレイド

Copyright(C)2003-2007 Orangeflower, All rights reserved.
オレンジフラワーのすべての画像・データの模倣・無断転写・画像の加工は固く禁止いたします。
これらを発見した場合は、法的手段を使わせて頂きます。