手作り口紅・リップグロスのワックス素材の使い分け
 HOME > 手作りコスメ > ワックスの使い分け


手作りリップグロスや口紅の素材に使われるワックスの種類と使い分けの説明

 材 料材料
《お勧めのワックス》

・ミツロウ(黄)(白)
・キャンデリラワックス
・カルナウバワックス
・2種類混合ワックス


説 明
リップ基材のワックスの種類はたくさんありますが、ここでは代表的なものだけ紹介します。各ワックスの性質を知り、用途にあったワックス選びが出来ると楽しみも増えます。

ミツロウ(白)
蜜蝋、ビーワックスとも呼ばれるとおり、ハチの巣から採れる天然のロウ。
穏やかな甘い香りの黄色のものと精製された白色のものがある。これだけだと色が唇にのりにくく、とれやすい。

融点(溶ける温度) ‥約65〜68℃
色‥‥‥‥‥‥‥‥白・黄色
原料‥‥‥‥‥‥‥蜂の巣/動物性ワックス
香り‥‥‥‥‥‥‥黄:甘い香り/白:ワックスの香り
その他‥‥‥‥‥‥保湿・肌を柔らかくする
鹸化値(NaOH/KOH) 68/95
割合(ワックス:オイル)
 1:2固め(リップチューブにむく)
 1:3普通(クリームジャーにむく)
白色の方が口紅やグロスの色がわかりやすい。

キャンデリラワックス
口紅に光沢を増し、軟膏や固い石鹸を作るためにお使い頂けます。固さがある為、スティック状のリップ等にむいている。

融点(溶ける温度) ‥約73〜76℃
色‥‥‥‥‥‥‥‥黄色
原料‥‥‥‥‥‥‥トウダイグサ/植物性ワックス
香り‥‥‥‥‥‥‥ワックスの香り
その他‥‥‥‥‥‥口紅に光沢を増す
鹸化値(NaOH/KOH) 36/50
割合(ワックス:オイル)
 1:3固め(リップチューブにむく)
 1:5普通(リップチューブにむく)

カルナウバワックス
リップクリームや口紅などに固さとツヤを与え使われます。最も固い植物ワックスで固さがある為、スティック状のリップ等にむいている。

融点(溶ける温度) ‥約80〜88℃
色‥‥‥‥‥‥‥‥黄色
原料‥‥‥‥‥‥‥カルナウバヤシ/植物性ワックス
香り‥‥‥‥‥‥‥ワックスの香り
その他‥‥‥‥‥‥口紅に光沢を増す
鹸化値(NaOH/KOH) 58/80
割合(ワックス:オイル)
 1:3固め(リップチューブにむく)
 1:5普通(リップチューブにむく)

ミツロウ(白) +  キャンデリラワックス
融点の違う2種類のワックスを使うことで、唇に色がのりしやすく落ちにくい、しっとりした口紅やリップグロスが作れます。

ミツロウ + カルナウバワックス でもよい!

Copyright(C)2003-2007 Orangeflower, All rights reserved.
オレンジフラワーのすべての画像・データの模倣・無断転写・画像の加工は固く禁止いたします。
これらを発見した場合は、法的手段を使わせて頂きます。