手作りリップの色材の種類と使い方
 HOME > 手作りコスメ > 手作り口紅の色材の種類と使い方


毎日使う手作りの口紅やリップグロスは、自分の好きな色に色付けしたいものですね。簡単そうで難しい〜?!

説 明
手作りカラーコスメの代表の口紅とリップグロス。色付けに使われる色材の代表的な物の特徴と使い方を説明します。ここのページを参考に自分色を作れることを願ってます。

ここで説明に使用している各素材は、当店の商品を使っての説明です。すべてに通用することではございませんことご了承ください。

酸化鉄
天然ミネラル顔料の酸化鉄は、鉄の酸化物の粉末であり、酸化状態の違いにより黄色・赤・茶・黒などの色がある。マットでややくすんだ色合いの顔料です。唇に色がつきやすく長持ちするので、しっかりした色の口紅を作りたい場合は、酸化鉄を入れるとよい。
酸化鉄:黒は、明度を落とし落ち着いた色を演出できる素材。

素材‥‥‥無機顔料
グレイド‥化粧品グレイド
色‥‥‥‥マット
注意‥‥‥酸化鉄アレルギーの人は使えません

ウルトラマリン
酸化鉄同様の鉱物系顔料のウルトラマリンは、やや青みがかったマットな色合いです。口紅に入れると元の色より暗いトーンになります。

素材‥‥‥無機顔料
グレイド‥化粧品グレイド
色‥‥‥‥マット

D&C、FD&Cカラー(FDA承認カラー)
「セリーニ」という商品名の炭素を原料とする人工着色剤で、あざやかな発色で明るい色合い。混ざりやすく取り扱いやすい色剤です。

素材‥‥‥有機顔料
FDA(米食品医薬品局)承認グレイド
 D&C:Drug & Cosmetic/薬品・化粧品
 FD&C:Food Drug & Cosmetic/薬品・化粧品・食品
色‥‥‥‥やや輝きあり
注意‥‥‥合成着色剤があわない人は使えません

カラーマイカ
マイカ(雲母)は、花こう岩や雲母片岩を粉砕して得られる鉱物の一種です。自然色のマイカは白色ですが、この粉体表面に天然素材で着色コーティングしたカラー マイカは、ファンデーション、口紅、カラーコスメなどの色素材としてとして幅広く 利用されています。天然顔料のコーティングとは、カルミン、ウルトラマリン、酸化鉄、二酸化チタン等 です。
マイカだけの口紅は色がしっかりつきにくいので、酸化鉄と混ぜるとよい。

素材‥‥‥無機顔料
色‥‥‥‥輝きがある
グレイド‥化粧品グレイド

“Fシリーズ”のマイカ
雲母(マイカ)、酸化鉄、二酸化チタン、酸化亜鉛、クレイ、ウルトラマリン、植物性ステアリン酸マグ ネシウム、米粉などの自然素材の色材から作られたミネラルメイキャップベースです。光沢が無くマットな素材なので特にファンデーション、チーク作りには使いやすい色材です。マットな仕上がりの口紅やリップをはじめ、パール感のある素材とも混ぜてお使いいただけます。

素材‥‥‥無機顔料
色‥‥‥‥輝きがない
グレイド‥化粧品グレイド

酸化亜鉛/二酸化チタン(親油性)
口紅やリップグロスにマットな仕上がりで、明度を上げたいときに使える素材です。

素材‥‥‥無機顔料
色‥‥‥‥白/マット
特徴‥‥‥サンスクリーン効果も望める

パールマイカパウダー
口紅やリップグロスにキラキラした光沢感を演出するために使える素材。どんな色に輝くかも選択できるパールマイカの種類もある。
・ma-40 パールマイカ(レッド)
・ma-41 パールマイカ(ブルー)
・ma-42 パールマイカ(グリーン)
・ma-43 パールマイカ(オレンジ)
・ma-18 ホワイト・スパークル

素材‥‥‥無機顔料
色‥‥‥‥白/輝きがある
特徴‥‥‥輝いたときの色も選べる

Copyright(C)2003-2007 Orangeflower, All rights reserved.
オレンジフラワーのすべての画像・データの模倣・無断転写・画像の加工は固く禁止いたします。
これらを発見した場合は、法的手段を使わせて頂きます。