手作り石けんのレシピ
 HOME > 手作り石鹸 > つばき石鹸


シャンプー石鹸としても使える真っ白できれいな椿せっけん

材 料材料
椿オイル
ココナッツオイル
パームオイル
スィートアーモンドオイル
シアバター
ステアリン酸
苛性ソーダ
精製水

ペパーミントE.O
メンソールクリスタル

200g
125g
75g
80g
20g
15g
70g
175g

約10ml
10g


柔らかくなりがちなオイルの組み合わせに、ステアリン酸を使って固めに仕上げてみましょう。
作り方
ステアリン酸…石鹸を固く溶け崩れにくくし、泡立ちが持続しやすいパームオイル由来の脂肪酸

鹸化値(NaOH/KOH) 141/197
融点 65〜70℃
使用量の目安 約2〜5%の濃度で使用
ステアリン酸10g:苛性ソーダ+2g
ステアリン酸15g:苛性ソーダ+2g
ステアリン酸20g:苛性ソーダ+3g
ステアリン酸25g:苛性ソーダ+4g
作り方
<1><4>までは下記参照
苛性ソーダを使ったコールドプロセス(CP)法の石鹸の作り方
ココナッツオイルなどの高温にしてもいいオイルとステアリン酸を70℃前後で完全に溶かしておくそこに他のオイルを計り入れる。温度が下がったら再度湯煎にかける。この場合温度が60〜70℃と高温でもかまわない。
暖めたオイルにメンソールクリスタルを溶かしてもよい
通常の手順通り、オイルの入ったボウルに少量づつ苛性ソーダを加えながら、泡立器で素早くかき混ぜる。
ゆるめのトレースにしたら、あらかじめ計っておいたメンソールクリスタルと精油を入れて泡立器で全体によく混ぜる。
メンソールクリスタルは、少量のぬるま湯で溶いておく
型に流し、毛布やタオル、寒いときには保温シートや発砲スチロールの中に入れて24時間保温する。
柔らかすぎるときは、さらに1〜2日乾燥させて出来上がり。
冷凍庫に入れて固めるのはやめて下さい。
Copyright(C)2003-2007 Orangeflower, All rights reserved.
オレンジフラワーのすべての画像・データの模倣・無断転写・画像の加工は固く禁止いたします。
これらを発見した場合は、法的手段を使わせて頂きます。