WHAT'S NEW

色剤の割合について色材料

カラーマイカパウダー使用した手作りカラーコスメ、粉をプレストしてコンパクトや金皿に詰めると使いやすくなります。その時のカラーマイカパウダーとベースパウダーの混合比率は、どのくらいがいいのでしょうか?プレストの使いよさ、発色の感じが伝わるといいなぁと思います。個人的使用感です。。ご参考までに〜手作り石鹸





カラーマイカパウダー
お勧めの比率:プレスト

アイシャドウ等を金皿やコンパクト容器にプレストするとき、カラーマイカパウダー90〜100%では崩れやすいため持ち歩きには不向きのようです。 カラーマイカパウダーを100%そのままの色でお使いの場合は、メイクブラシで直接カラーマイカパウダーを使うと良いでしょう。
プレストして使う場合のカラーマイカパウダーの割合は、全体の約60〜80%までが個人的にはお勧めです。ただし、ベースパウダーの割合が減るほど持ち歩きで崩れる可能性は高くなりますので、使用方法により固める割合を考慮頂ければと思います。


お勧めの比率:色の濃さ

ベースパウダーを多く入れると、100%のマイカパウダーと比べ色付きは薄くなります。薄くなると当時に光沢感も抑えられます。薄いアイシャドウを作りたいときになどにはいいですね。


《使用材料》
・ベースパウダー(セリサイト・珊瑚パウダー・チタンなど)
・マイカパウダー(プリンセスローズ)
・植物オイル(精製ホホバオイル)…10滴
・無水エタノール…1〜3g

* ここで使用している各材料は、当店で取り扱っている商品を使った際の説明です。

プレストする利点

手作りアイシャドウやチークなどのカラーコスメをコンパクトや金皿などの容器にプレストすると、カラーパウダーがメークブラシに付きすぎることもなく、粉の飛び散りも少なくなりますので使い易くなります。
また、持ち運びにも便利になります。

Orangeflower Shop

カラーパウダー(Fシリーズ)
カラーパウダー
(Fシリーズ)
主にファンデーションやチークカラーとして混合されたマット系のカラーパウダーです。そのままでも使える便利なパウダーです。
カラーマイカパウダー(暖色系)
カラーマイカ
(暖色系)
マイカに酸化鉄やチタンなどで着色コーティングした色材。ファンデーション、口紅、カラーコスメ、石鹸などの色づけ素材として。
パール系マイカ
パール系マイカ
手作りカラーコスメに使えるマイカパウダーに天然顔料でコーティングしたキラキラ輝きのあるホワイト系パウダー。ゴールドの光沢タイプもあります。
クレイパウダー
クレイパウダー
専門店より購入したクレイパウダーです。手作り化粧品の材料としてフェイスパック、ボディパック、バスフィズ、石鹸などにお使い頂けます。

商品内容や保管・使用上の注意は、あらかじめ商品詳細ページにてご確認ください。