WHAT'S NEW

乳化剤の使い方オイルフリー日焼け止めジェルのレシピ

手作りクリーム・乳液作りに使われる乳化剤など幾つかの種類があります。オイルに水を入れるのか?水にオイルを入れるのか?いろいろなやり方があるようです。当店の乳化剤の使い方をまとめてみました。

乳化剤の使い方

  • twitter
  • facebook
  • googleplusone
  • line
  • pinterest
  • mail
  • 印刷




乳化ワックスの使い方

エマルシファイイングワックス

エマルシファイイングワックス(乳化ワックス)

失敗がなく綺麗なクリームを作ることができるので人気がある乳化ワックスです。

〈クリーム〉
個人的に手作りではあまり気になるところではありませんが、気温差などを考慮してクリームの状態を安定させたいと考えるならステアリン酸などの乳化剤を一部置き換えることもできます。

 ・乳化ワックス………3g
 ・オイル ……………15g
 ・精製水………25〜30g

〈乳液〉
上記クリームの出来上がりに、さらに精製水を30〜40gを少しずつお好みで混ぜてください。乳化が不安定になることがありますので、キサンタンガムを0.2g入れる事もできます。

オリーブ乳化ワックス

エマルシファイイングワックス(乳化ワックス)と同じ分量で作ると少し固めのクリームになります。最初にあわせる水の量が少ないと混ぜているときに分離することがあります。

〈クリーム〉
クリームの状態を安定させたいと考えるならステアリン酸などの乳化剤を一部置き換えることもできます。

 ・乳化ワックス………3g
 ・オイル ……………15g
 ・精製水………35〜40g

〈乳液〉
上記クリームの出来上がりに、さらに精製水を35〜40gを少しずつお好みで混ぜてください。乳化が不安定になることがありますので、キサンタンガムを0.2g入れる事もできます。

植物性ステアリン酸

ステアリン酸が主要な乳化剤になることは少なく、どちらかというと乳化を安定させるために使われます。
乳化ワックス3g使うところ1gをステアリン酸に置き換えてクリームを作ることもできます。
市販のクリームは、世界中どこへ行っても(温度差、湿度など)クリームが使い始めから最後までずっと安定しているようにする必要があります。そのために数種類の乳化剤や乳化を安定させる素材を入れる必要があるようです。

※キサンタンガム・クリアー

乳化剤ではありませんが、乳液やミルクローションを作るときに安定させるために入れることがある基剤です。ほんの少し入れるだけでも使い心地が柔らかくなります。 クリームに少量入れるとのびがよいテクスチャーになります。

Orangeflower Shop

エマルシファイイングワックス(乳化ワックス)
エマルシファイイングワックス
水とオイルを混ぜ安定したクリーム作る事ができるヤシ油、パーム核油等が原料の乳化剤です。手作りクリームの材料です。
オリーブ乳化ワックス
オリーブ乳化ワックス
オリーブオイルから作られ水とオイルを混ぜて、酸化しにくい安定したクリーム作る事ができる植物性乳化剤です。
植物性ステアリン酸
植物性ステアリン酸
パームオイルからとれる脂肪酸のひとつで、安定性が高い。石鹸を固くし、ローションとクリーム作りにも使えます。
キサンタンガム
キサンタンガム
クリアーなできあがりで少量で高い粘性を発揮する天然の増粘安定剤です。でんぷん等の糖質を微生物が分解し作られた多糖類を精製し粉末にした。
電動クリーマー
電動クリーマー
手作りクリームやジェル作りにお使い頂けます。手では難しい撹拌も楽にでき1本あると便利なアイテムです。単三電池2本使用(別売)となります。 

商品内容や保管・使用上の注意は、あらかじめ商品詳細ページにてご確認ください。