WHAT'S NEW

パックの仕方How To

身近な素材でも作れる手作りパックは、悩めるお肌へのスペシャルケアとしてとても有効な方法です。 ここで紹介する方法は、私のおすすめの仕方です。別の方法がいいわぁ〜という方もいらっしゃると思いますので、ご参考程度にお読み下さい。

パックの方法

  • twitter
  • facebook
  • googleplusone
  • line
  • pinterest
  • mail
  • 印刷

洗顔をしてメークや汚れを落とします。敏感肌の方、乾燥肌の方、ノーメークの時は石鹸を使わないで軽く水洗いをします。少量を耳の下の首の所に少しつけてパッチテストをしてください。

手作りパック

油っぽい鼻からほお骨の上をとおり外側に0.5〜1センチの厚さでパックをのばす。鼻から眉間にのばし、額を左右外側、こめかみにのばしながらよくぬる。最後に、乾燥しがちな口のまわりからほほを外側にむけてこすらないようにしてのせます。敏感な目・口のまわりは残すようにします。

* のびが悪いときは油・水分を足してみてください。

手作りパック

10〜15分そのまま待ちます。敏感肌やはじめての素材のパックのときは、短めでお試し下さい。また、パッチテストをして問題が無い場合でも、かゆみがでたり、肌に刺激を感じたときは、がまんすぐにパックをよく洗い流して下さい。

手作りパックの作り方

ティッシュでこすらないようにして軽くパックをふきとります。そして、ぬるま湯で洗い流して下さい。パックの材料が目に入らないように気をつけて下さい。

手作りパック

パックがきれいに落ちたら、化粧水をしっかりつけて、通常のお手入れをしてください。化粧水の前にホットタオルをするのもよいです。

手作りパックの材料



パックの回数(普通〜乾燥・敏感)

月に1〜2回程度

パックの回数(混合〜脂性肌)

週に1〜2回程度

  • 色の濃いパウダーを使用すると肌に色移りすることがあります。
  • 一回に使う分をその都度作るようにしましょう。
  • 肌に炎症を起こしている時やかゆみがあるときは使用しないで下さい。
  • 強くお肌をこすると傷がつきますので、パックをお肌にのせる時は優しくおこなってください。

Memo

パックのすすめ

手作りパックは、簡単に作れる物が多く行うのも簡単です。パックの最中には水分が皮膚を潤し毛穴も開き、植物の有効成分も浸透しやすくなります。また、毛穴の汚れを吸着し穏やかに取り去ってくれます。パックを伸ばしたり、乾くときの刺激で皮膚温が上昇し血行も良くなります。そして、古い角質を一緒に洗い流し、くすみの解消にもなりそうですね。

Orangeflower Shop

抽出オイル、インフューズドオイル
抽出オイル
インフューズドオイルは、植物の有効成分を植物オイルに抽出した植物エキス入りのオイルです。保存剤・添加物が入ってない100%ピュアなオイルです。
ハーブパウダー
ハーブパウダー
ハーブを細かくしたパウダーです。食用またはメディカルハーブグレイドのパウダーです。手作りゴマージュ、パック、抽出などにもお使い頂けます。
抽出エキス
抽出エキス
天然素材を抽出させた有効成分エキスです。防腐剤・保存料無添加の水溶性有効成分です。そのまま水に混ぜるだけでも簡単に手作り化粧水が作れます。
フローラルウォーター(芳香蒸留水)
芳香蒸留水
オーガニックのフローラルウォーターです。水蒸気蒸留法で精油ととれるので、微量の精油成分が含まれるので、手作り化粧水に簡単に使える材料です。
エッセンシャルオイル精油
精油
当店のエッセンシャルオイルは、100%ピュアなオイルで、保存料などの添加物は一切加えていない天然の香料です。

商品内容や保管・使用上の注意は、あらかじめ商品詳細ページにてご確認ください。