WHAT'S NEW

手作り日焼け止めのよくある質問よくある質問

手作り日焼け止めでよくある質問をまとめてみましたので、ご参考になさってみてください。

手作り日焼け止めの作り方の質問と答え

作り方

  • twitter
  • facebook
  • googleplusone
  • line
  • pinterest
  • mail
  • 印刷

優しい日焼け止めが希望ですが、石鹸で落ちやすいチタンや亜鉛はどれですか?

当店では、オーガニックタイプ(エコサート)の下記の2商品がオススメです。 親油性・植物由来コーティングあり/粒子が細かく、透明性と安定性に優れ石けん水で落ちやすいタイプとなります。

・【cs-04】二酸化チタン (アミノ酸コーティング)
・【cs-16】微粒子酸化亜鉛(アミノ酸コーティング)

サンスクリーン剤

* 二酸化チタンと酸化亜鉛を組み合わせてお使い頂くことも可能です。

手作りファンデーションパウダーを作りたいのですが、親水性と親油性のどちらがいいですか?

親水性は乾燥しやすいため手作り化粧品には親油性がよく使われています。 特にパウダリーファンデーションなどパウダー状で使うものは、親油性がお勧めです。クリーム状の物は、親水性でもよいかもしれません。 また、アミノ酸コーティングは、弱酸性で柔らかな感触の植物性由来のコーティングが使われていて、他に比べて石鹸で落ちやすいタイプとなります。

* 手作り石鹸には親水性/親油性が使えますが、親水性がよく使われているようです。

微粒子に酸化チタンと微粒子亜鉛を入れたらクリームが分離してしまいました。

オリーブ乳化ワックスは、エマルシファイイングワックスと比べるとあわせる精製水の量が少ないとクリームが分離しやすくなります。
微粒子の二酸化チタンや酸化亜鉛は少量でもふわふわしていて嵩(かさ)が大きいですね。
そのため、粉が精製水を吸ってしまい、乳化させるための精製水の分量が減ってしまいます。すると出来上がり寸前でクリームが分離してきてしまうことがあります。
もし、分離してしまったときはあきらめず精製水を足してから、再度湯煎で温度を上げて頂き、クリーマーで混ぜて下さい。

* 特に微粒子タイプの二酸化チタンや酸化亜鉛は、嵩が大きいためご注意ください。



手作り材料ショップ オレンジフラワーはこちら

Orangeflower Shop

微粒子酸化亜鉛(アミノ酸コート)
微粒子酸化亜鉛(アミノ酸コート)
オーガニックタイプ、親油性・植物由来コーティングあり/粒子が細かく、透明性と安定性に優れ石けん水で落ちやすい。
超微粒子二酸化チタン(親油性)
超微粒子二酸化チタン(親油性)
撥水性(親油性)・コーティングあり/粒子が非常に細かく、透明性が高く紫外線をブロックする。
日焼け止め材料
日焼け止め材料
手作りのUVケア素材としてお使い頂けるサンスクリーン素材の二酸化チタン、酸化亜鉛です。各詳細は販売ページの商品画像をクリックしてください。
超微粒子二酸化チタン(親水性)
超微粒子二酸化チタン(親水性)
粒子が非常に細かく、透明性と安定性に富む、紫外線は強力にブロックする。水溶性の日やけ止め化粧品に使えます。
微粒子チタン(アミノ酸コート)
微粒子チタン
(アミノ酸コート)
オーガニックタイプ、弱酸性で柔らかな感触の植物性由来のコーティング処理です。石けん水で落ちやすいものです。

商品内容や保管・使用上の注意は、あらかじめ商品詳細ページにてご確認ください。