WHAT'S NEW

BG+ヘキサンジオール抽出方法How To

お急ぎの方に5日〜1週間で簡単に抽出でき、しかも保湿系保存剤の役割ももつ1,2ヘキサンジオールを使っているので、保存期間も長く、おすすめの抽出方法です。

Material

  • 《出来上がり 約80ml》
  •  1,3-ブチレングリコール (BG)… 40ml〜
  •  精製水  ………………………… 40ml
  •  1,2-ヘキサンジオール ………… 5g
  •  オトギリソウ …………………… 10g

  • 外用として使用できます。

BG抽出の作り方

作り方

  • twitter
  • facebook
  • googleplusone
  • line
  • pinterest
  • mail
  • 印刷

材料となるドライハーブや生薬が葉や花などの柔らかい部分を使用する場合はそのままで、種子、実、根、樹皮、樹脂など硬いものを使用する場合は、パウダー状のものを利用する他、潰したり、スパイスグラインダー、すり鉢やミルで細かくしておくと有効成分が抽出されやすくなります。

浸出油の作り方

オトギリソウを瓶に入れます。瓶によって入る量が前後しますが、大体で結構ですので入れてください。瓶はあまり横に大きすぎると空気に触れる面積が増えるので、ちょうどいいものを選ぶようにしてください。

ハーブBG抽出

オトギリソウを瓶に入れたところに、1,3-ブチレングリコール(BG)、1,2-ヘキサンジオールと精製水をオトギリソウが完全に隠れるまで入れてください。ハーブや生薬が空気に触れているとカビが生えたり、変質する原因になりますので、ハーブが完全にかくれるまで必ず足して入れて下さい。足すときにBGと水の割合がわからなくなってしまったらBGを足してください。

ブチレングリコール抽出

布またはキッチンペーパーを2重にして包み絞りこします。抽出液の中にハーブの残りがまだあるようならば再度よくこしてください。粘性が高くうまくこせなさそうな時は、ハーブ(生薬)が入らないように上澄みを静かに取り出すようにしてくだい。

1,3BGの抽出方法

BG浸出油オトギリソウ

保存の目安

・約10ヶ月以内

保存容器

・消毒した容器にラベルを貼り保管

保存場所

・冷暗所保存

  • 生薬やハーブをBGで抽出してある 生薬エキスも販売していますので、手作り化粧水も簡単に楽しめます。
  • 植物がもつ水溶性/油溶性の両方の有効成分を抽出することができます。

Memo

1,2-ヘキサンジオールは、植物グリセリンやBGと同様に刺激性が低く保湿剤として使用できるニ価のアルコール類です。保湿効果以外にも保存性に優れているので、防腐剤をいてない化粧品や手作り化粧品ではよく使われているものです。相性の悪い素材との組み合わせが少ないところも人気のポイントです。生薬やハーブのエキス抽出に2〜5%配合すれば、通常よりはやく抽出できて保存期間も長くなります。

抽出エキスの濃度を5%以内になるよう薄め化粧水やクリーム等に使用することができます。

生薬の化粧水

* 生薬どうしの相性が悪いものがあります(沈殿を起こす)
 クジン(苦参)とユキノシタ(虎耳草)、ボタンピ(牡丹皮)、シャクヤク(芍薬)、ソウハクヒ(桑白皮)

生薬エキス抽出

Orangeflower Shop

1,2ヘキサンジオール
1,2ヘキサンジオール
グリセリンと同程度の安全性の保湿、防腐・抗菌として、化粧水に2%配合で常温で1ヶ月間保存。5%配合でBGハーブ抽出を1週間で抽出できる。
1,3BG
1,3BG(植物性)
サトウキビ由来のも1,3ブチレングリコールです。グリセリンより軽い使用感の保湿剤、防腐効果も期待できる。敏感な人向けの植物エキス抽出剤にどうぞ。
ロート
ロート
ボトルの詰め替えや抽出オイルのろ過に便利なロートです。別売のろ紙と合わせて使う事ができます。ポリプロピレン製なので軽くて使いやすい。
オトギリソウ
オトギリソウ
日本のオトギリソウは、切り傷、打撲、虫刺され、やけど、あせも等に使われてきました。特に虫さされ、収れん化粧水に使われていたようです。
透明ガラス瓶
透明ガラス瓶
ハーブの浸出に便利な容器。オイルが入っていても中栓付きなので漏れにくい。内容量も100mlと空気に触れる部分も少なくちょうどよい大きさです。

商品内容や保管・使用上の注意は、あらかじめ商品詳細ページにてご確認ください。