手作りクリームのレシピ
 HOME > 手作り基礎化粧品1 > ホワイトクリーム


ビタミンC誘導体、ローズヒップオイルをはじめ、生薬エキスも加えた贅沢なクリーム

材 料
《材料1》

ローズヒップオイル
スクワランオイル
スィートアーモンドオイル
乳化ワックス



(小さじ1)5g
(小さじ1)5g
(小さじ1)5g
(小さじ1/2)3g


植物性グリセリン
ネロリウォーター
〈生薬エキス〉
 ・ユキノシタ
 ・ウワウルシ
 ・ボタンピ

ビタミンC誘導体(油溶性)
ネロリ精油

(小さじ1/2)3g
20ml

1ml
1ml
1ml

2滴
2滴


乳化ワックス:エマルシファイイングワックスを使用
作り方
生薬エキスは、アルコール抽出のチンキまたはBG抽出エキスをご使用下さい。
各生薬のチンキまたはBGエキスを下記の作りかたで作ります。
 
チンキ剤(ティンクチャー)の作り方
 1,3-ブチレングリコール(BG)の抽出方法
耐熱容器に《材料1》とネロリウォーターを計り入れる。大きめの鍋で同時に湯煎にかけ、それぞれを60℃くらいまで温める。乳化ワックスを溶かし《材料1》をよく混ぜておく。
湯煎からおろし《材料1》にネロリウォーター15mlを入れ、1〜2分よく混ぜる。電動クリーマーがあると便利です。
 
油浮きせずに白っぽく乳化していることを確認し、グリセリンを加えてさらによく混ぜる。
さらに5〜10分混ぜ、途中で残りのネロリウォーターを入れます。冷めてくると少しづつクリーム状に固まってきます。夏の暑い時は、ぬれた布巾の上で混ぜると冷めるのが早まります。
ここで水の量をお好みのクリームの固さで加減して下さい。時間の経過とともに少し固くなっていきます。
冷めたら精油、生薬エキス、ビタミンC誘導体を加えてよく混ぜる。電動クリーマーを使うのでトントンとよく空気抜きをして下さい。
保存用容器に入れて保存
保存の目安‥‥‥冷蔵庫で2週間

材料を温めるときに電子レンジを使う場合は、20秒ごとに様子をみて目を離さない。
厚紙を差し込む場所

Copyright(C)2003-2007 Orangeflower, All rights reserved.
オレンジフラワーのすべての画像・データの模倣・無断転写・画像の加工は固く禁止いたします。
これらを発見した場合は、法的手段を使わせて頂きます。