手作り紫根クリームのレシピ
 HOME > 手作り基礎化粧品1 > 手作り紫根クリーム


紫根、ボタンピ、雪の下エキスを加えた生薬のクリーム。日焼け後のクリームとしてもおすすめです。

材 料
《材料1》出来上がり約50ml

ホホバオイル
オリーブワックス



10g

2g


精製水
トリペプチド
紫根エキス
ボタンピエキス
雪の下エキス
ヒアルロン酸ナトリウム液
1,2−ヘキサンジオール
1,3ブチレングリコール

25ml
1.5ml
2g
1g
1g
10ml
0.8g
03g



乳化ワックス:オリーブワックスを使用
保湿保存剤=1,2−ヘキサンジオール + 1,3ブチレングリコール
作り方
耐熱容器に《材料1》と精製水を計り入れる。大きめの鍋で同時に湯煎にかけ、それぞれを60℃くらいまで温める。乳化ワックスを溶かし《材料1》をよく混ぜておく。  
湯煎からおろし《材料1》に精製水25mlを入れ、1〜2分よく混ぜる。電動クリーマーがあると便利です。
油浮きせずに白っぽく乳化していることを確認し、さらに2〜5分よく混ぜます。冷めてくると少しづつ乳液状に固まってきます。夏の暑い時は、ぬれた布巾の上で混ぜると冷めるのが早まります。
ここで水分の量をお好みの乳液の固さで加減して下さい。時間の経過とともに少し固くなっていきます。
冷めたらトリペプチド、ヒアルロン酸、紫根エキス、ボタンピエキス、雪の下エキス、 1,2−ヘキサンジオール 、1,3ブチレングリコールを加えてよく混ぜる。電動クリーマーを使ったときは、トントンとよく空気抜きをして下さい。
保存用容器に入れて保存
保存の目安:(保存剤を入れた時)‥‥常温で約1ヶ月
保存の目安:(保存剤を入れない時)‥冷蔵庫で2週間

材料を温めるときに電子レンジを使う場合は、20秒ごとに様子をみて目を離さない。
厚紙を差し込む場所

紫根エキス
シミやくすみを防ぎしわやたるみ、皮膚の再生を促し、肌荒れ・にきびなどの炎症を抑えたり、うるおいを与えながら、古い角質をとり、お肌のキメを整え、なめらかなお肌にするといわれます。
雪の下エキス
メラニン生成を抑え、美白効果を期待した化粧水材料として欠かせない。優れた細胞修復作用で、紫外線のダメージ肌を修復する為日焼け後のケアによい。ニキビ等のトラブル にも


トリペプチド
小さなアミノ酸構造で、浸透・吸収しやすく、深部に働きかけコラーゲンの生成を促すと。ハリと潤いを与え、目元や首などのシワ、アンチエイジング等に使われる。
ボタンピエキス
血行促進作用で代謝を促すので、アンチエイジングに期待。紫外線を防御し、メラニン生成を抑えるので、美白にもよい。他の東洋ハーブ成分の薬効を増加させる効果もある。

Copyright(C)2003-2007 Orangeflower, All rights reserved.
オレンジフラワーのすべての画像・データの模倣・無断転写・画像の加工は固く禁止いたします。
これらを発見した場合は、法的手段を使わせて頂きます。