手作りリップのワックス素材の使い分け
 HOME > 手作り基礎化粧品1 > ワックスの使い分け


手作りクリームやリップクリームの素材には欠かせない『ワックス』種類と使い分けの説明

 材 料材料
《お勧めのワックス》

・ミツロウ(黄)(白)
・キャンデリラワックス
・カルナウバワックス
・フローラルワックス
・ホホバワックス


作り方
クリーム基材のワックスの種類はたくさんありますが、ここでは代表的なものだけ紹介します。各ワックスの性質を知り、用途にあったワックス選びが出来ると楽しみも増えます。

ミツロウ(黄)(白)
蜜蝋、ビーワックスとも呼ばれるとおり、ハチの巣から採れる天然のロウ。
穏やかな甘い香りの黄色のものと精製された白色のものがある。

融点(溶ける温度) ‥約65〜68℃
色‥‥‥‥‥‥‥‥白・黄色
原料‥‥‥‥‥‥‥蜂の巣/動物性ワックス
香り‥‥‥‥‥‥‥黄:甘い香り/白:ワックスの香り
その他‥‥‥‥‥‥保湿・肌を柔らかくする
鹸化値(NaOH/KOH) 68/95
割合(ワックス:オイル)
 1:2固め(リップチューブにむく)
 1:3普通(クリームジャーにむく)
黄色の方が白色より若干柔らかく出来上がる

キャンデリラワックス
口紅に光沢を増し、軟膏や固い石鹸を作るためにお使い頂けます。固さがある為、スティック状のリップ等にむいている。

融点(溶ける温度) ‥約73〜76℃
色‥‥‥‥‥‥‥‥黄色
原料‥‥‥‥‥‥‥トウダイグサ/植物性ワックス
香り‥‥‥‥‥‥‥ワックスの香り
その他‥‥‥‥‥‥口紅に光沢を増す
鹸化値(NaOH/KOH) 36/50
割合(ワックス:オイル)
 1:3固め(リップチューブにむく)
 1:5普通(リップチューブにむく)

カルナウバワックス
リップクリームや口紅などに固さとツヤを与え使われます。最も固い植物ワックスで固さがある為、スティック状のリップ等にむいている。

融点(溶ける温度) ‥約80〜88℃
色‥‥‥‥‥‥‥‥黄色
原料‥‥‥‥‥‥‥カルナウバヤシ/植物性ワックス
香り‥‥‥‥‥‥‥ワックスの香り
その他‥‥‥‥‥‥口紅に光沢を増す
鹸化値(NaOH/KOH) 58/80
割合(ワックス:オイル)
 1:3固め(リップチューブにむく)
 1:5普通(リップチューブにむく)

フローラルワックス
精油の抽出方法には、“圧搾法” “水蒸気蒸留法” “溶剤抽出法”がよく知られております。そのうち“溶剤抽出法”がアブソリュートの精油となります。溶剤(石油ベンゼン、エーテルなど)と原料植物を混ぜてできた半固体の塊からアルコール処理で精油を抽出し、副産物としてフローラルワックスがとれるのです。芳香蒸留水は “水蒸気蒸留法” での副産物です。
精油の成分を含んだフローラルワックスは、精油よりも穏やかな香りで効能も期待できそうです。他の天然ワックスと同じように軟膏クリーム・リップ・練り香などの手作り化粧品の材料としてお使いいただけます。
★準備中★

融点(溶ける温度) ‥約80〜88℃
色‥‥‥‥‥‥‥‥黄色
原料‥‥‥‥‥‥‥カルナウバヤシ/植物性ワックス
香り‥‥‥‥‥‥‥ワックスの香り
その他‥‥‥‥‥‥口紅に光沢を増す
鹸化値(NaOH/KOH) 58/80
割合(ワックス:オイル)
 1:3固め(リップチューブにむく)
 1:5普通(リップチューブにむく)

ホホバワックス
マイクロ粒状になってますので、マッサージ効果を兼ねた優しいスクラブ材としてシャワージェル、スクラブソープ、手作りローション、クリームに!

融点(溶ける温度) ‥約67〜71℃
色‥‥‥‥‥‥‥‥白色(FD&Cカラータイプもある)
原料‥‥‥‥‥‥‥ホホバ/植物性加工ワックス
香り‥‥‥‥‥‥‥ほぼ無臭
その他‥‥‥‥‥‥無臭で精油の香りの邪魔をしない

使通常の用途はスクラブ材で、練り香は我流です。

Copyright(C)2003-2007 Orangeflower, All rights reserved.
オレンジフラワーのすべての画像・データの模倣・無断転写・画像の加工は固く禁止いたします。
これらを発見した場合は、法的手段を使わせて頂きます。