手作り石鹸のシャンプーとリンス
 HOME > 手作り基礎化粧品2 > 石鹸シャンプー&リンスの方法


手作り石鹸シャンプーだけではギシギシしがちな髪に簡単な手作りリンスをお試しになってみては、

手作りの固形石鹸やリッキドシャンプーで洗い上がった髪は、アルカリ性に偏っています。これを酸性のお酢やクエン酸を使って中和させる事により、開いていた髪のキューティクルを整える事が出来るようです。

 肌に炎症を起こしている時やかゆみがあるときは使用しないで下さい。
 
つめをたてたり、強くこすって頭皮に傷を付けないように行って下さい。 

石けんシャンプーは、慣れるまでに数日〜数ヶ月掛かる場合もあります。

シャンプーとリンスの方法
石鹸シャンプーの方法
頭皮を傷つけないように髪をよくブラッシングします。
ぬるま湯で髪と頭皮を濡らし、軽く汚れを流しておきます。手作り石鹸を手で良く泡立て、指の柔らかい部分を使いマッサージするように洗います。髪より頭皮をよく洗います。
石鹸かすが残らないように髪と頭皮をぬるま湯でしっかりと洗い流します。
髪がきしみますのでゆっくりと丁寧に流してすすいで下さい。
汚れがひどく泡立ちが悪いときは、2度洗いをおすすめします。


リンスの方法
洗面器にぬるま湯をくみ、リンスを加えて混ぜます。
シャンプー後の濡れた髪全体によくなじませます。ロングヘアーの髪は、洗面器に浸してもよいでしょう。シャンプーでアルカリ性になった髪のペーハーは、リンスによってすぐに変化しますので、長時間リンスをする必要はありません。
髪と頭皮をぬるま湯でしっかりと丁寧に洗い流します。
タオルでたたくようにして水分をふきとり、後はドライヤーでよく乾かして下さい。

Copyright(C)2003-2007 Orangeflower, All rights reserved.
オレンジフラワーのすべての画像・データの模倣・無断転写・画像の加工は固く禁止いたします。
これらを発見した場合は、法的手段を使わせて頂きます。