手作りパックの効果的な仕方
 HOME > 手作り基礎化粧品2 > パックの方法


手作りパックは、おすすめの仕方でそれぞれのパック基材の効果を十分に発揮できるように。。
クレイパウダーを使ったパック/使わないパックの方法を説明します。ここで紹介する方法は、私のおすすめの仕方です。別の方法がいいわぁ〜という方もいらっしゃると思いますので、ご参考程度にお読み下さい。
 一回に使う分をその都度作るようにしましょう。
 
肌に炎症を起こしている時やかゆみがあるときは使用しないで下さい。
 
強くお肌をこすると傷がつきますので、パックをお肌にのせる時は優しく行って下さい。
 

入浴中のパックは、毛穴が開き汚れを取り除きやすくなります。また、浴室の湯気でパックが乾燥しすぎずお勧めです。その他、パックする前にホットタオルで温めてもよいようです。

パックの方法
パックの方法
洗顔をしてメークや汚れを落とします。ノーメークの時は石鹸を使わないで水洗いをします。
油っぽい鼻からほお骨の上をとおり外側にパックをのばす。鼻から眉間にのばし、額を左右外側、こめかみにのばしながらよくぬる。最後に、乾燥しがちな口のまわりからほほを外側にむけてこすらないようにしてのせます。敏感な目・口のまわりは残すようにします。
のびが悪いときは油・水分を足してみてください。
5〜10分そのまま待ちます。敏感肌やはじめての素材のパックのときは、短めでお試し下さい。また、パッチテストをして問題が無い場合でも、かゆみがでたり、肌に刺激を感じたときは、がまんすぐにパックをよく洗い流して下さい。
ティッシュで軽くパックをふきとってから、ぬるま湯で洗い流して下さい。
その後は、通常のお手入れをして下さい。
※ハイビスカスなどの濃い色のハーブパウダーはお肌に色が残る事がありますので、他の材料やヨーグルトなどで希釈してご使用下さい。
パックの回数(普通〜乾燥・敏感)‥月に1、2回程度 
パックの回数(油脂)‥‥‥‥‥‥‥週に1回程度程度
クレイパックの方法
クレイは各種ミネラルを豊富に含み、老廃物や角質を吸収吸着して取り除く他、おだやかな殺菌作用があるとして、古くから世界各地で使われてきた自然療法の代表的な素材です。

クレイパックの方法

洗顔をしてメークや汚れを落とします。ノーメークの時は石鹸を使わないで水洗いをします。必要以上の油脂をとりすぎないようパック前後の石鹸洗顔は控えて下さい。
油っぽい鼻からほお骨の上をとおり外側にパックをのばす。鼻から眉間にのばし、額を左右外側、こめかみにのばしながらよくぬる。最後に、乾燥しがちな口のまわりからほほを外側にむけてこすらないようにしてのせます。敏感な目・口のまわりは残すようにします。
のびが悪いときは油・水分を足してみてください。

3〜8分そのまま待ちます。敏感肌やはじめての素材のパックのときは、短めでお試し下さい。また、パッチテストをして問題が無い場合でも、かゆみがでたり、肌に刺激を感じたときは、がまんすぐにパックをよく洗い流して下さい。

ティッシュで軽くパックをふきとってから、ぬるま湯で洗い流して下さい。
その後は、通常のお手入れをして下さい。
パックの回数(普通〜乾燥・敏感)‥月に1、2回程度 
パックの回数(油脂)‥‥‥‥‥‥‥週に1回程度程度

クレイパックの注意

クレイパックは乾燥して乾いてしまうとパキパキになり、肌にも負担をかけてしまうので、水スプレーや入浴の湯気を利用して乾燥しないよう注意しましょう。
レッドクレイやローズクレイの色の濃いものは、お肌に色が残る事がありますので、他のクレイやヨーグルトなどで希釈してご使用下さい。

クレイは金属を錆びさせ腐食させるため次項使用不可
 ・自動循環式の浴槽
 ・ペースメーカーや避妊リング等を使用している方

Copyright(C)2003-2007 Orangeflower, All rights reserved.
オレンジフラワーのすべての画像・データの模倣・無断転写・画像の加工は固く禁止いたします。
これらを発見した場合は、法的手段を使わせて頂きます。