手作り石けんのレシピ
 HOME > 手作り石鹸 > ゴートミルク石鹸


山羊のミルクを使用したクリーミーで優しい泡立ちのゴートミルク石鹸

材 料材料
オリーブオイル
ココナッツオイル
パームオイル
ココアバター
GSE
苛性ソーダ
精製水
ゴートミルク (液体)

バニラF.O

175g
150g
150g
25g
5g
68g
100g
80g

約10ml


ゴートミルクパウダーを使う場合には、精製水を180gに増やし、そこにゴートミルクパウダーを20〜50gを溶かしてください。
作り方
GSE(グレープシードエクストラクト)…防腐と殺菌効果があるグレープフルーツの種から抽出された天然原料由来。石鹸作りの材料に生の果汁やミルクがあるときに使う事をおすすめします。

石鹸使用量の目安 約0.5%〜5%の濃度で使用
500gのオイルに約5g
5g=約小さじ1杯
作り方
耐熱ガラス容器につめたく冷やした精製水とゴートミルクを計って混ぜておく。
<1>に計っておいた苛性ソーダを入れ、完全に溶かす。
すぐに茶色くなり刺激臭が発生し温度もかなり上昇するのでよく換気をし、十分に気をつけて行ってください。
ミルクとソーダが分離しやすくなりますのでよく混ぜる。
苛性ソーダが完全に溶けたら冷水の入ったボウルに入れ、40℃くらいになるまでさます。
ボウルに各オイルを計ってあわせ、オイルの入ったボウルを湯煎にかけ温度を40℃まで上げます。
通常の手順通り、オイルの入ったボウルに少量づつ苛性ソーダを加えながら、泡立器で素早くかき混ぜる。
トレースがでたら、フレグランスオイルとGSEを入れて泡立器で全体によく混ぜる。
型に流し、毛布やタオル、寒いときには保温シートや発砲スチロールの中に入れて24時間保温する。
柔らかすぎるときは、さらに1〜2日乾燥させて出来上がり。
冷凍庫に入れて固めるのはやめて下さい。
ゴートミルク石鹸のレシピ
 地球丸 『ヤギと暮らす 』 田舎暮らしの相棒に! 
 監修:今井明夫さん
 
Copyright(C)2003-2007 Orangeflower, All rights reserved.
オレンジフラワーのすべての画像・データの模倣・無断転写・画像の加工は固く禁止いたします。
これらを発見した場合は、法的手段を使わせて頂きます。