手作り石鹸のハーブパウダー
  HOME > 手作り石鹸の着色材 > ハーブパウダーでの色付け

《色材の使い方》
ハーブは、いろいろな種類があります。中にはとてもきれいな色の物もあります。
しかし、残念ながら苛性ソーダを使ったCP石鹸においては、多くの場合そのままの色が出る事はありません。茶色くくすんでしまう物がほとんどです(出来上がりから数日するとさらにくすんできます)そのナチュラル感がお好みの方もいるでしょう。

ハーブはそのまま、またはパウダーにして手作り石鹸に混ぜます。その際のハーブの粒子の大きさや形状によっては肌に触れたときに刺激を感じる場合もございますのでご注意ください。

ケルプ
 (パウダー)
上:レモンピール
オレンジピール
 (パウダー)
ジャスミンフラワー
 (粗い粒:3g)
フランキンセンス
 (パウダー)
ゆず
 (粗い粒:5g)
カモミール
 (パウダー)
ニーム
 (パウダー)
ラベンダー
 (パウダー)
ローズマリー
 (パウダー&ハーブ)
カレンデュラ
 (花びら)
サンダルウッド赤
 (パウダー)
ローズ
 (パウダー)


ベースの石鹸のレシピ
(コールドプロセス法)
・オリーブオイル‥‥200g(オイル総重量500g)
・ココナッツオイル‥150g
・パームオイル‥‥‥150g
・苛性ソーダ‥‥‥‥65g
・精製水‥‥‥‥‥‥175g
★ハーブ‥‥‥‥‥‥‥大さじ1〜2
混ぜ方:ハーブパウダーは、直接石鹸種に入れずに少量取り分けた石鹸種や少量のオイル(フィックスオイル)に良く混ぜてから戻しましょう。色は、少量ずつ入れながらお好みの濃さに加減して下さい!
石鹸にお使いになるオイルの色や他のオプションによっても色は、変わります。 また、モニターの色合いの違いなどにより写真の色と多少色合いが異なる場合がありますのでご了承ください。
Copyright(C)2003-2007 Orangeflower, All rights reserved.
オレンジフラワーのすべての画像・データの模倣・無断転写・画像の加工は固く禁止いたします。
これらを発見した場合は、法的手段を使わせて頂きます。