WHAT'S NEW

手作り化粧水Making

ビタミンC化粧水

ビタミンC化粧水

初級

ビタミンC誘導体の化粧水はとても簡単に作れるシンプルな化粧水です。

材料《出来上がり 約100ml》

精製水 95g
ビタミンC誘導体 (水溶性) 3g
ベタイン 3g
   

グラム変換表

作り方

  • twitter
  • facebook
  • googleplusone
  • line
  • pinterest
  • mail
  • 印刷

容器に精製水を入れ、ビタミンC誘導体の水溶性の粉を入れよく溶かす。冷水ですとやや溶けにくいのでその時はあらかじめ20℃前後に精製水を温めてご使用ください。

化粧水の保湿成分

ビタミンC化粧水

( 1 )にさらにベタインを加えてよく混ぜます。

* ビタミンC誘導体使用量は3〜4%ですが、刺激がでる事があるので1〜2%から使用するとよい。

ビタミンC化粧水の作り方

 保存の目安

 ・冷蔵庫保存……約2週間以内

化粧水の保存について

ビタミンC化粧水のレシピ

Memo

ビタミンC誘導体と化粧水のベース

ビタミンC(アスコルビン酸)は、美白成分として使われている材料です。単体では壊れやすく浸透しにくいため、リン酸とMgが付加した安定性と浸透性をよくしたものがビタミンC誘導体(リン酸アスコルビルマグネシウム)となります。
ビタミンC誘導体(リン酸アスコルビルマグネシウム)の化粧水は、弱アルカリ性となりますのでベースには精製水が適しています。ミネラルを多く含むものや弱酸性のフローラルウォーターやハーブウォーターでは、お互いの有効成分をいかすことができず効力を弱める可能性があります。
健康な肌はpHは4.5〜6.0の弱酸性です。石鹸で洗浄した後などはややアルカリ性になることもありますが、アルカリ中和能により時間と共に弱酸性に戻ります。気になる方は、この化粧水の後に弱酸性の化粧水を使用してもよいでしょう。

Orangeflower Shop

ベタイン
ベタイン
ビート糖(砂糖大根)から得られた、植物性天然アミノ酸系保湿剤です。 ベタつきがなく、サラっとした使用感で化粧水作りにも使いやすい保湿剤です。
ビタミンC(アスコルビン酸)
ビタミンC(アスコルビン酸)
美白成分として使われるビタミンCは、単体では壊れやすく浸透しにくいため、安定性と浸透性をよくして使いやすくしたパウダー。
化粧用水
化粧用水HG
手作り化粧品にむいている精製水の化粧用水です。UV殺菌され、殺菌剤の塩素や副生成物のトリハロメタン、金属イオンなどを除去した水です。
楕円プラスティックボトル
楕円プラスティックボトル
透明のプラスティッククリアーのぼとるは、一滴ずつ中身がでる中栓付きなので手作り化粧水を入れるのにお勧めのボトルです。
プラスチックボトル 50ml(ブルー)
プラスチックボトル 50ml(ブルー)
プラスチックボトルですので、軽く携帯に便利です。スプレー式、ポンプ式キャップがあります。8100ml白い蓋のものもあります。

商品内容や保管・使用上の注意は、あらかじめ商品詳細ページにてご確認ください。