WHAT'S NEW

手作りクリームMaking

アイクリーム

このレシピはジェル感覚の仕上がりです。

さっぱり美容クリーム

初級

使い心地が軽いので、さっぱりと美容液感覚で使うことができ、夏場にもおすすめです。

材料《出来上がり 約50ml》

材料1

アルガンオイル2g
ヒマワリ乳化ワックス1g
精製水30〜35g
カモミールエキス(20滴)1g
セラミド溶液3g
アルジルリン3g
1,2−ヘキサンジオール(15滴)0.75g
1,3ブチレングリコール(20滴)1g

グラム変換表

作り方

  • twitter
  • facebook
  • googleplusone
  • line
  • pinterest
  • mail
  • 印刷

精製水にヒマワリ乳化ワックスをいれる。固まりが出来るが1分ほど混ぜると、抵抗を感じるようになりクリーム状になってくる。この時点では混ぜきれない白いダマが残っていてもよい。

ヒマワリ乳化ワックスの使い方

アイクリーム

アルガンオイルを入れ、さらによく混ぜてください。

アイクリームのレシピ

カモミールエキス、セラミド溶液、アルジルリンを加え、また混ぜてください。

手作りクリーム・乳液に植物有効成分保湿成分もご参考になさってください。

日焼け止めクリームの作り方

1,2−ヘキサンジオール、1,3ブチレングリコールを加え、最後にお好みの固さになるよう確認しながら精製水を調節してください。ダマがなくなるようによく混ぜて出来上がりです。

日焼け止めクリームの作り方

 保存の目安

 ・冷暗所保存……約1ヶ月以内

クリームの保存剤

乳化剤と保存剤の相性


アイクリームのレシピ

Memo

シリコンゴムスプーン

ダマをつぶしながら混ぜるのにとても便利なシリコーンスプーンです。
クリームや乳鉢についた粉を無駄なく容器に移せ、ヘラのように使ええます。

* 煮沸消毒(耐熱温度200度)もできるので安心です。

手作りクリーム

Orangeflower Shop

ヒマワリ乳化ワックス
ヒマワリ乳化ワックス
熱を使わずに乳化剤の様に安定したクリームを作れるインスタント基剤です。熱に弱い有効成分を入る時に最適な材料です。
アルガンオイル
アルガンオイル
抗酸化作用を持つビタミンEが多く含まれ、乾燥を防ぎ、柔軟性を与え老化防止に期待される「若返りのオイル」と話題のオイル。
カモミールエキス
カモミールエキス
カマズレンなどの成分は、強力な抗炎症作用と活性酸素抑制作用が、乾燥による肌荒れを防ぎ、抗炎症作用、抗アレルギー、収斂、皮膚再生効果がある。
アルジルリン
アルジルリン
塗るボトックスといわれる植物由来の有効成分、神経伝達物質の分泌を抑え、表情じわを改善する効果があるといわれているペプチドです。
セラミド溶液
セラミド溶液
セラミドは、角質細胞間脂質の一種で、表皮細胞のすき間を埋めて水分の蒸散を防ぐ働きをします。潤いを与えキメを整える人気の成分です。

商品内容や保管・使用上の注意は、あらかじめ商品詳細ページにてご確認ください。