WHAT'S NEW

手作りクリーム・乳液:植物有効成分How To

手作りクリーム・乳液、ミルクローション作りは、乳化剤によって水と油を乳化します。そのため、植物から各抽出方法でとれた水溶性と油溶性の抽出液を利用することが出来ます。また、抽出された各エキスを手作り製品に加えることで、植物のエネルギーをうまく取り入れたオリジナルクリーム、乳液をお楽しみください。

Material

  • 精製水
  • 芳香蒸留水(フローラルウォーター)
  • アロエジュース
  • 浸剤(ハーブティー)
  • チンキ剤(ティンクチャー)
  • BG抽出エキス
  • ハーブハニー
  • 浸出油
  • 樹脂の抽出液
  • 香料

手作りクリーム有効成分

水/油溶性のベースと有効成分

  • twitter
  • facebook
  • googleplusone
  • line
  • pinterest
  • mail
  • 印刷

精製水・化粧用水

クリーム・乳液に多く使われているベースの成分です。他の成分の溶媒として使われます。当店では、手作りクリーム・乳液に水道水ではなく精製水を使用することをお勧めしております。
精製水とは、ミネラル(金属)、金属イオン、塩素をイオン交換樹脂、活性炭などで除去したものです。

* 水道水は、塩素などが入っているのでおすすめしません。

精製水

芳香蒸留水(フローラルウォーター)

芳香蒸留水は「フローラルウォーター」「ハーブウォーター」「ハイドロソール」「イドロソール」などとも呼ばれています。芳香蒸留水は、材料となる植物を水蒸気で蒸留して精油をとるときにできる副産物です。そのためごく微量の精油成分が自然な形で含まれます。
しかし精油は油溶性の成分ですので、芳香蒸留水に含まれている成分のほとんどが水溶性芳香成分(有効成分)となります。そのため、精油の香りと同じ香りになるわけではありません。ローズ、オレンジフラワー(ネロリ)、月桃は精油に近い香りですが、ラベンダー、ローマンカモミールは精油とはまた違った香りがします。また、含まれている植物の水溶性芳香成分(有効成分)は、弱酸性であることが多く化粧水のベースにはおすすめの材料です。
ローズ、オレンジフラワー、ラベンダー、カモミール・ローマン、月桃、ウィッチヘーゼルなどがあり、単品はもちろん、それぞれを混ぜあわせて使うこともできます。

フローラルウォーター

アロエベラジュース

アロエベラジュースは、アロエベラの外葉を取り除いた部分から採った、さらっとした液体です。粘性をだすにはガム等の増粘剤をお好みで加えて下さい。

アロエベラ200X

アロエベラジュース100%をフリーズドライし粉末にしたもので、水で溶かすと還元ジュースになる。液体より長期保存がきくので便利です。数字は濃縮の度合いを示す。
 《100X》粉末1.0gに対して水100mlの割合で還元ジュースができる
 《200X》粉末0.5gに対して水100mlの割合で還元ジュースができる

アロエジュース

浸剤(ハーブティー)

浸剤は、水や沸騰したお湯を使ってハーブや生薬の水溶性成分を抽出する方法です。 抽出された抽出液は化粧水やジェルのベースとして使われる他、クリームの基剤など手作り化粧品のの材料として使うことができます。


浸剤:温浸剤の作り方

浸剤:温浸剤(ハーブティー)の作り方

浸剤:冷浸剤(水出しハーブティー)の作り方

ハーブティー

チンキ剤(ティンクチャー)

ハーブをアルコールに浸すと植物の油溶性成分と水溶性成分が溶出されます。抽出するアルコールの種類により外用/内用と使用の仕方が変わってきます。チンキ剤は、薄めることでクリームや乳液などに使う事ができます。


ハーブのチンキ剤(外用)の作り方

ハーブのチンキ剤(内用/外用)の作り方

チンキ剤

BG抽出エキス

ハーブ/生薬のBG抽出は、植物がもつ水溶性/油溶性の両方の有効成分を抽出することができます。この植物エキスは、アルコール抽出より刺激が少なく、グリセリンのような保湿効果があります。薄めることでクリームや乳液などに使う事ができます。


BG抽出エキスの作り方

BG+ヘキサンジオール抽出エキスの作り方

BG抽出エキス

ハーブハニー

ハーブハニー(浸出ハチミツ)は、各ハーブの香りや効用を活かし手作りクリーム・乳液、パックに使用できます。ハチミツは保湿効果が優れていて乾燥した肌に潤いを与える目的で配合される。


ハーブハニーの作り方

ハーブハニー

浸出油(インフューズドオイル)

浸出油剤(インフューズドオイル)は、植物油を使ってハーブや生薬の油溶性成分を抽出する方法です。常温で抽出する冷浸法と熱を加えながら抽出する温浸法があります。 抽出されたオイルは、手作りクリーム、乳液の油溶性成分として入れることができます。 抽出されたオイルも販売されていますが、お好みの植物オイルとハーブ、ハーブパウダーの組み合わせで抽出してみて下さい。


温浸出油 (ドライハーブ/生薬)

冷浸出油 (ドライハーブ/生薬)

冷浸出油 (ハーブパウダー)

浸出油

樹脂の抽出液

フランキンセンス、ミルラなどの樹脂成分も抽出して利用することができます。少しコツが必要ですが、アンチエイジング素材として注目されています。


フランキンセンス(樹脂)利用方法

樹脂の浸出

香料

クリーム、乳液の香り付けには、精油や肌につけられるフレグランスオイルを使うことができます。香りがついている植物バターやキャリアオイルの場合は、香りを入れずに優しい香りをあじわえます。敏感肌で余計な物を入れたくないとお考えの場合は、入れずにお使いください。


《配合量》
・フレグランスオイル … 出来上がり100ml:約1〜3滴
・精油 …………………… 出来上がり100ml:約1〜2滴

* 精油は天然成分ですが作用が強い物もあります。小さなお子様、敏感肌の方は十分注意してお使い下さい。

精油の禁忌

リップクリームの香り付け

Orangeflower Shop

フローラルウォーター(芳香蒸留水)
芳香蒸留水
オーガニックのフローラルウォーターです。水蒸気蒸留法で精油ととれるので、微量の精油成分が含まれるので、手作りクリーム・乳液に簡単に使える材料です。
アロエベラジュース
アロエジュース
オーガニック、アロエベラの外葉を取り除いた部分から採った、さらっとした液体です。粘性をだすにはガム等の増粘剤をお好みで加えて下さい。
抽出エキス
抽出エキス
天然素材を抽出させた有効成分エキスです。防腐剤・保存料無添加の水溶性有効成分です。そのまま水に混ぜるだけでも簡単に手作りクリーム・乳液が作れます。
化粧用水
化粧用水HG
手作り化粧品にむいている精製水の化粧用水です。UV殺菌され、殺菌剤の塩素や副生成物のトリハロメタン、金属イオンなどを除去した水です。
抽出オイル、インフューズドオイル
抽出オイル
インフューズドオイルは、植物の有効成分を植物オイルに抽出した植物エキス入りのオイルです。保存剤・添加物が入ってない100%ピュアなオイルです。

商品内容や保管・使用上の注意は、あらかじめ商品詳細ページにてご確認ください。