WHAT'S NEW

手作りパックMaking

日焼け後の水分補給のパック

日焼け後の水分補給のパック

初級

日焼けした後や乾燥した季節にぜひ水分補給をしたいものです。

材料《出来上がり 1回分》

イエローカオリン(小さじ2)5g
レッドモンモリロナイト(小さじ1)4g
プレーンヨーグルト(大さじ1)15g
カレンデュラオイル(小さじ1)5g
キサンタンガム0.1g
アロエベラジュース(大さじ1)15g
精油:ラベンダー1滴

グラム変換表

作り方

  • twitter
  • facebook
  • googleplusone
  • line
  • pinterest
  • mail
  • 印刷

容器にイエローカオリン、レッドモンモリオナイトとキサンタンガムを入れて軽くかき混ぜます。


パックのベース材料

フェイスパックの作り方の説明

〈1〉に少し温めたアロエベラジュースを加え、なじませるよう5分〜10分ほど置いてください。次にオプションを足すことを考えてやや固めのペーストになるよう水分の調節をしておきます。

フェイシャルパック

ヨーグルト、カレンデュラオイル、精油を加えて混ぜてください。お肌にのせやすい固さになるように必要であれば水分またはパウダー類を加えて調節してください。


パックのオプション素材

* クレイにオプションを加えるとクレイの作用自体は弱まります。

クレイパックの作り方とレシピ

クレイの注意事項とクレイ/パックのポイントをお読みになり、パックをしてください。


クレイパウダー使用上の注意

クレイパックの仕方

パックの仕方

クレイパックの仕方

 保存の目安

・作りたてをその日のうちに使用してください〜

手作りパックのレシピ

Memo

日焼け後にむいている材料

クレイ→ピンクカオリン
オイル→ラベンダーオイル、ジャーマンカモミールオイル、アロエベラオイル
水分→ラベンダー・ウォーター、カモミール・ウォーター、月桃・ウォーター
精油→ラベンダー、サンダルウッド、フランキンセンス、ゼラニウム、パルマローザ

熱を鎮めてくれる、水分調節してくれる、鎮静効果がある、瘢痕形成作用がある、
抗炎症作用がある、細胞再生促進作用があるなどの材料がよいのでしょうね。
ビタミンC誘導体を入れてもOKです。



手作りクレイパック

Orangeflower Shop

イエローカオリン
イエローカオリン
他のクレイよりクオーツを多く含むクレイパウダーです。比較的穏やかに作用するします。アンチエイジングや石鹸の色づけにもよい。
モンモリロナイト・レッド
モンモリロナイト・レッド
鉄分が多く含まれているので色は薄いピンクです。入荷時期により色が変わることが多い。アンチエイジングやヘアケアに。
プルーンオイル
カレンデュラオイル(オーガニック)
サンフラワーオイル(ひまわり油)にカレンデュラの乾燥花弁をつけ込み有効成分を抽出したオイルです。
キサンタンガム
キサンタンガム
クリアーなできあがりで少量で高い粘性を発揮する天然の増粘安定剤です。でんぷん等の糖質を微生物が分解し作られた多糖類を精製し粉末にした。
アロエベラジュース
アロエジュース
オーガニック、アロエベラの外葉を取り除いた部分から採った、さらっとした液体です。粘性をだすにはガム等の増粘剤をお好みで加えて下さい。

商品内容や保管・使用上の注意は、あらかじめ商品詳細ページにてご確認ください。