WHAT'S NEW

手作りパックMaking

ガスールのパック

Face用ですので、Body用は量を増やしてください。

ガスールのパック

初級

人気のガスールは「洗い清める」という意味を持つ。モロッコ原産のガスールでパックを作ります。

材料《出来上がり 1回分》

ガスール (小さじ1)4.5g
グリーンモンモリロナイト(小さじ1)4g
ローズエキス10滴
プレーンヨーグルト(大さじ1)15g
アロエベラジュース(大さじ1)15g
オリーブスクワランオイル(小さじ1)5g
精油:ローズオットー1滴

グラム変換表

作り方

  • twitter
  • facebook
  • googleplusone
  • line
  • pinterest
  • mail
  • 印刷

容器にガスールとグリーンモンモリロナイトを入れ軽く混ぜ合わせます。


パックのベース材料

フェイスパックの作り方の説明

〈1〉にアロエベラジュースを加え、なじませるよう5分〜10分ほど置いてください。その後、へらなどで混ぜ合わせます。次にオプションを足すことを考えてやや固めのペーストになるよう水分の調節をしておきます。

フェイシャルパック

ローズエキス、プレーンヨーグルト、オリーブスクワランオイル、精油を加えて混ぜてください。お肌にのせやすい固さになるように必要であれば水分またはパウダー類を加えて調節してください。


パックのオプション素材

* クレイにオプションを加えるとクレイの作用自体は弱まります。

クレイパックの作り方とレシピ

クレイの注意事項とクレイパックのポイントをお読みになり、パックをしてください。
あまったパックは、体にも使うことができます。


クレイパウダー使用上の注意

クレイパックの仕方

パックの仕方

クレイパックの仕方

 保存の目安

・作りたてをその日のうちに使用してください〜


手作りパックのレシピ

Memo

ボディパック

体の気になる部分にパックのレシピの量を増やして使うこともできます。
とくに膝やひじなど黒ずみやカサつきに入浴時にお試しください。
腕や太ももの内側など柔らかい部分や首の周りは、お肌もデリケートな部分です。
お顔と同じように慎重に行なうようにします。 最初は膝やひじなどから塗り始める
ようにするとよいでしょう。パックした後は、石鹸でごしごし洗うと乾燥しすぎて
しまいますので、ぬるま湯で洗い流す程度にしてください。



ボディパック

ローズエキス

既に抽出されているBG抽出エキスを使うほか、
東洋ハーブのローズを使って自作の抽出液を使うこともできます。 

ハーブの エキス抽出(BG)

ハーブの エキス抽出(BG + ヘキサンジオール)



ボディパック

Orangeflower Shop

ガスール
ガスール
「洗い清める」という意味を持つクレイパウダーです。汚れを吸着し、優しく洗い流します。ミネラルが、肌や髪に潤いを与え健康にしてくれます。
モンモリロナイト・グリーン
モンモリロナイト・グリーン
グリーン系は最もよく利用されるクレイ。抗菌作用と浄化で清潔にし、炎症、虫さされ、関節炎の湿布など多用途に使われます。
アロエベラジュース
アロエジュース
オーガニック、アロエベラの外葉を取り除いた部分から採った、さらっとした液体です。粘性をだすにはガム等の増粘剤をお好みで加えて下さい。
ローズエキス
ローズエキス
ローズは全ての肌質にむき、特に乾燥や敏感肌・トラブル・日焼け後に最適とされ、穏やかな収れん作用で手作り化粧水にもむいています。
オリーブスクワランオイル
オリーブスクワランオイル
のびがよく浸透性、保湿効果、柔軟性に優れたオイルです。スクワランは人の皮脂にも含まれ、柔らかくすこやかに保ちます。

商品内容や保管・使用上の注意は、あらかじめ商品詳細ページにてご確認ください。